大阪・カンテレのトークバラエティー「胸いっぱいサミット!」(土曜・正午、関西ローカル)が、3月27日の放送をもって終了すると23日、同局が発表した。

 1994年1月15日に、歌手・やしきたかじんさん(2014年死去、享年64)が司会の「たかじん胸いっぱい」としてスタート以来、約27年の歴史に幕を閉じる。後番組については未定だという。

 「たかじん―」は「なにわの視聴率男」たかじんさんの冠番組としては最も長く放送された番組で、14年1月死去後もタイトルはそのままに、15年4月から「胸いっぱいサミット!」に改題されるまで、計1062回を放送。差し棒を手に芸能・社会問題に切り込むたかじんさんと、ゲストとのトークが人気を博し、平均視聴率は常に10%を超える人気を誇った。1994年2月12日の放送分が20・5%で歴代最高世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ)。

 ハイヒール・リンゴ(59)とますだおかだ・増田英彦(51)が週替わりでMCを担当する現在の「胸いっぱい―」を含めると、現在までにスペシャルを含めて1359回放送。平均視聴率は10・1%、占拠率22・4%を記録している。「胸いっぱい―」でも20年5月9日には最高世帯視聴率18・0%をマークしている。

 カンテレ・コンテンツデザイン局総合編成部の乾正志部長は「前身であります『たかじん胸いっぱい』と合わせ、27年もの長きにわたりご覧いただき、ありがとうございました。最終回まであと5回、最後まで熱いトークをお届けしたいと思いますので、ぜひお楽しみください」とコメントを寄せた。