SKE48の荒井優希(22)が4日、東京・後楽園ホールで東京女子プロレスデビューを飾った。荒井は渡辺未詩(21)とタッグを組み、伊藤麻希(25)・遠藤有栖(23)組に挑戦。リング上では、鋭い目つきで大声を張り上げるなど普段の姿からは一変。試合中盤には「ファイナリー」と命名した、かかと落としを披露したが、13分12秒に固め技で力尽きた。

 デビュー戦を「楽しかった」と振り返ったが、試合前夜は「不安だった」。プロレス好きで、4月にグループを卒業した松井珠理奈(24)に連絡し、「デビュー戦だから完璧にできなくても仕方ない」のエールで前を向いた。6月6日の次戦に向け、「強くなるので、見ていてください」と誓った。