15日に行われたサッカー・浦和―ドルトムントの親善試合について「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」などと批判し、サポーターの反発を招いた上西小百合衆院議員(34)が17日、ツイッターを更新。「政治や経済は自分の利益を重視するけれど、スポーツや文化はある意味それを超える最大の武器。ただ私は収束させる気はなく近々浦和に行く」と予告した。

 上西議員は、サポーターにも「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」などと批判。インターネット上で炎上している。