2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、大会に向けた機運を醸成するため、1963年に制作された「東京五輪音頭」作詞・宮田隆、作曲・古賀政男)を大幅にリメイクした「東京五輪音頭―2020―」のミュージックビデオを発表した。歌手の加山雄三、石川さゆり、竹原ピストル、フリーアナウンサーの古館伊知郎らが出演。これまでの曲は4番までだったが、五輪とパラリンピックをまとめた5番を新たに追加した。

 映像ディレクターの児玉裕一さんは「ゴキゲンな編曲と振り付けで生まれ変わった東京五輪音頭。世の中、いろいろなことがありますが、音頭でも踊って楽しく過ごせる、そんな楽しい夏がやってきそうな予感がしました」とコメントした。4日午前4時から特設ホームページなどで公開される。

 YouTubeはhttps://www.youtube.com/tokyo2020

 特設ページはhttps://tokyo2020.jp/jp/special/ondo/