民進党の細野豪志元環境相(45)=衆院静岡5区=が4日、都内で行われた自身設立のグループの会合で離党する意向を伝え、記者団に対し新党設立を表明した。小池百合子東京都知事(65)が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」(都民ファ)との連携を目指す。

 細野さんが静岡県知事選への出馬が取りざたされた時から、こうなるのは時間の問題でした。「今の民進党ではダメだ」と思っていながら、踏ん切りがつかなかった議員が彼の離党を見て、後に続く可能性も十分あるでしょう。

 とはいえ「雪崩のように」離党するというところまではいかない。選挙事情は議員それぞれ。細野さんは「自分の思うところに進みたい」という考えと「次の選挙は大丈夫か」ということを総合的に判断しての離党だと思います。だからこそ、彼のグループに所属する全員がついていくということは考えにくい。

 今後は当然、都民ファに近い国会議員との合流をもくろむでしょう。ただ、小池さんは国政に関して「誰を仲間にするのがベストか」ということを慎重に考えています。

 細野さんが持つ“民進党色”をどうみるか。現実問題として連携は難しいのでは。(談)