自民党は10日、党紀委員会の正副委員長協議を行い、自身の政策秘書だった男性への暴力行為が報じられた同党の豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区、写真=の離党を了承した。

 豊田議員は6月、秘書に対し「このハゲー!」などといった暴言を浴びせたり頭や顔を数回殴ってけがを負わせたなどと週刊誌に報じられ離党届を提出。その後、秘書が被害届を提出し、7月6日に受理されていた。