大手牛丼チェーン「吉野家」が14日、この日から販売された「特撰 すきやき重」が多くの店舗で品切れを起こし、公式サイトでお詫びした。

 この日から販売された牛肉のサーロインの部位を使用した新商品「特撰 すきやき重」は、約50万食の数量限定で全国約1200店舗で販売すると発表され話題となっていた。

 あまりの人気ぶりに品切れする店舗が続出し、公式サイトで「8月14日(水)より販売を開始いたしました『特撰 すきやき重』について、多くの店舗で品切れが発生しご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。楽しみにご来店いただいたにもかかわらず、誠に申し訳ございません」とお詫びをする文書を掲載。

 15日以降の販売方法については「各店、昼11:00より本日ご準備させていただいている食材がなくなり次第終了」と明記し、「調理工程の都合上、牛丼関連商品と比べ、ご提供までにお時間をいただいております」とした。