17日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」(月〜金曜・後1時45分)では、スタートを切ったばかりの菅政権を特集した。

 この日の番組には元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が生出演。総裁選で敗れた石破茂元幹事長(63)について、「国民が日本のリーダーになって欲しい二番手のポジションに菅さんに次いでいるのが、石破さん。自民党の国会議員の中では、めちゃくちゃにたたかれてますけど、国民全体から見ると、次の首相になって欲しいNO1、NO2に入ってくるわけじゃないですか?」とまず話した。

 その上で「二大政党制の国家像を僕は理想としてますから、石破さんが野党のトップとして自民党と切磋琢磨して欲しいって思いますけど、それは石破さんの気持ち次第なので。それが無理なのであれば、野党は石破さんのポジションを狙いにいかないと、多くの票が取れないと思う」とし、「今の野党は国民の感覚を度外視して一部の国民から指示される方に行こう、行こうとしているんじゃないか? 石破さんという、あのポジションに一つのゴールを見据えて、野党は進んでいくべきだと思う。石破さんは二大政党のトップの一翼を張れるようなそういうポジションだと思っているので…。次の総裁選に出ても自民は一度出て戻った人間を絶対に許さない。ならば、政治家人生そんなに長くないので、二大政党制の野党のトップとして政権与党・自民党と勝負して欲しいという思いはあります」と続けた。