右膝の故障で登録抹消となった巨人・阿部慎之助内野手(38)が20日、ジャイアンツ球場で治療を受けた。患部の状態と今後については「痛みはある。今は痛みを消すのが一番。痛みが消え次第、(本格的に)動き始める。リハビリも治療も、できることをやるだけ」と話した。チームが上昇しつつある中、無念の離脱となったが、「交流戦での悪い流れを、いい流れに持ってくることができた。(リーグ戦の再開も)いいスタートが切れると思う。そこに一日も早く合流したい」と前向きだった。

 阿部は18日のロッテ戦(東京D)第3打席で、顔面付近への球をのけ反りながらよけたが、右膝をひねるように背面から倒れて負傷。翌19日に出場選手登録を抹消された。