J1ベガルタ仙台は20日、筑波大との天皇杯初戦となる2回戦(21日午後7時、ユアスタ)に向け、仙台市内で約1時間半の最終調整。ミニゲームやセットプレーの確認、PK練習などを入念に行った。

 昨年の天皇杯初戦となった9月3日の2回戦は、下位カテゴリーのJ3盛岡に2―5で完敗。ジャイアントキリングを許してしまった。

 17日のアウェー・鳥栖戦(1△1)は累積警告で出場停止だったリーグ2位タイ7得点のエースFWクリスラン(25)は、筑波大で先発する可能性が高い。天皇杯の目標はクラブ史上初の決勝進出。渡辺晋監督(43)は「フレッシュに臨みたい。昨年のような醜態はさらせない。気合入ってますよ!」と、まずは2年ぶりの初戦突破へ力を込めた。