8月28日開幕の柔道世界選手権男子100キロ超級代表の原沢久喜(25)=日本中央競馬会=が16日、“リネール・データ”の入手へ意気込んだ。フランス・ウルガットで行われる重量級中心の国際合宿に向け、羽田空港から出発。同階級で五輪2連覇、世界選手権7連覇中のテディ・リネール(28、フランス)の参加も予想され「乱取りを何回もやって相手の癖をつかんで帰ってきたい」と語った。

 昨夏のリオ五輪決勝で戦ったリネールとは、6月の講道館での国際合宿でも数度の乱取りを行った。「こうしたらこう来るんじゃないかというイメージは湧いた。体に染み込ませて、無意識でもできるところまで持っていきたい」。世界選手権での再戦に向け、攻略法の精度を高める。