◆全国高校野球選手権西東京大会 ▽4回戦 早実―芦花(17日・ダイワハウススタジアム八王子)

 今秋ドラフト目玉で高校通算104発の早実・清宮幸太郎内野手(3年)が、今夏2戦目となる芦花戦に「3番・一塁」で出場し、第5打席目で、第105号となる満塁弾を放った。

 8―0でリードの7回1死満塁のチャンスで迎えた第5打席目、3番手右腕のカウント1ストライク2ボールからの4球目、外角球をとらえ、左中間最前列へ運ぶ105本目となる満塁弾。

 第1打席は、初回1死一塁で右前安打。第2打席は、2回1死一塁の場面で四球。第3打席目は、4回無死一塁で深めの二飛。第4打席は、5回2死満塁のチャンスで、高めの外角球を打ちあげ、二飛だった。

 清宮は、高校通算最多とされる神港学園・山本大貴の107本まで、あと2本とした。