◆マンボスカイ(7月16日、福島7R・3歳未勝利・芝2600メートル=2着)

 デビュー6戦目で初めての逃げ。2回目のコンビとなった中谷騎手の好判断が光り、前走10着から大きく前進した。

 中谷騎手は「ハナに行ってもいいと思っていた。ハナに行くか、2列目で運ぶかは、スタート次第で決めるつもりだった。ペースを落として逃げる気はなく、脚質を考えて、後続に脚を使わせる形にしたかった。勝ち馬(フレスコパスト)は思った以上に強かった」。イメージ通りのレース運びで2着に導いた。しぶとさを生かせる展開になれば、初勝利を挙げられそうだ。(石野 静香)