◆全国高校野球選手権栃木大会 ▽3回戦 作新学院5―1小山西(17日・宇都宮清原)

 作新学院が小山西に5―1で勝利し、9年連続のベスト8進出を果たした。

 プロ注目の鈴木萌斗中堅手(3年)が4打数2安打1打点、2盗塁でチームに貢献。互いに無得点の5回1死三塁、右前適時打を放ち、均衡を破った。これを機に勢いづいた作新学院は、6回に4連打を含む5安打を放ち、4点を追加した。

 鈴木は「相手ピッチャーに苦戦してしまった。本来は1打席目から振れないとだめ。次の課題です」と振り返り、勝利したものの、凡退した2打席に悔しさをにじませていた。