なでしこリーグ1部・マイナビベガルタ仙台レディースは17日、FWケイトリン・フォード(22)とMFカトリーナ・ゴリー(24)が、米国で行われる「2017 Tournament of Nations」のオーストラリア女子代表に選出されたと発表した。活動期間は23日〜8月5日。

 同大会にはオーストラリアの他、日本、米国、ブラジルが参加。日本時間31日に対戦する日本代表のなでしこジャパンには、マイナビ仙台からもDF市瀬菜々(19)とGK斉藤彩佳(25)が選出されており、国際試合のピッチ上で相まみえる可能性もある。

 昨年のAFC女子年間最優秀選手に選ばれたフォードは、チームを通じ「国の代表としてプレーできることは、本当に光栄でとてもうれしく思っています。対戦相手はどこも強豪なので非常に難しい試合になると思います。日本と試合ができること、また、チームメートの市瀬選手、斉藤選手と対戦できることが、今からとても楽しみです」とコメントした。

 2014年AFC女子年間最優秀選手のゴリーは、チームを通じ「チームにとって大事な試合を控えているところで数週間チームを離れなければならないのは非常に残念ですが、代表に選ばれたことはうれしく思います。チームメートの市瀬選手、斉藤選手とアメリカで対戦できることをとても楽しみに思っています」とコメントした。