◆中日―巨人(17日・ナゴヤドーム)

 後半戦スタートとなった中日戦で長野がいきなり号砲をぶち上げた。

 長野は初回、先頭打者で中日・小笠原のフルカウントからの7球目を左翼席にたたき込む今季9号で先制した。

 続くマギーは右翼線二塁打で続いたが、後続が倒れ追加点は奪えなかった。

 先発のマイコラスは、初回3者凡退に抑える順調な立ち上がりを見せた。