J1の神戸は17日、DF山口真司(21)との契約をプロA契約にすると発表した。山口は6月21日の天皇杯・富山戦(神戸ユニバー)に出場し、A契約の締結条件を満たした。

 山口はクラブを通じて「A契約を結ぶことができて素直にうれしく思います。しかし、これに満足することなく努力して、チームにもっと貢献できるように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。

 山口は2015年に神戸U―18からトップチームに昇格。16年8月から大分に育成型期限付き移籍し、今年から神戸に復帰した。J1は通算1試合出場、ルヴァン杯(旧ナビスコ杯)は通算3試合出場、天皇杯は通算5試合出場で、いずれも無得点。