◆中日―巨人(17日・ナゴヤドーム)

 2―0で迎えた6回1死から3四球で満塁とすると、マイコラスが中前に2点タイムリーを放ち、先発・小笠原をKOした。

 なお一、二塁の好機だったが、長野が2番手・伊藤の前に遊ゴロ併殺打に倒れ追加得点はならなかった。

 マイコラスはその裏、1死から亀沢、大島、ゲレーロに3連打を浴び1点を失ったが、打線は7回1死三塁で阿部が右前適時打を放ち、5―1と突き放した。