◆全国高校野球選手権兵庫大会 ▽3回戦 北須磨8−0科学技術=7回コールド=(17日・高砂)

 “超スイッチヒッター”の夏が終わった。科学技術の十亀慶哉遊撃手(3年)は3回、右打席に入ったが、計6球の間に左、右、左、右と4度も打席を変えた。161センチ、55キロの9番打者はバントの構えなども交えて揺さぶったが結局、見逃し三振。6回の守備で失策後に交代させられ、この日は1打席。7回コールド負けし「僕のせいで流れが相手に向いた」と自分を責めた。

 右利きで中学までは右打者。高校で左打席に挑戦した。「あまりにも打てないので両打ちにしたらうまくいった。投手をかく乱する狙いがある。スイッチヒッターになってよかった」。14日の初戦(2回戦)の三田祥雲館戦では1安打を放った。「本格的な野球は高校まで。将来は建築士を目指す」。今後は草野球を楽しむつもりで「スイッチ? もちろん、続けます」と笑顔を取り戻した。(龍)