日本相撲協会審判部は18日、大相撲名古屋場所11日目(19日・愛知県体育館)の取組編成会議を開き、東横綱・白鵬(32)=宮城野=は、西関脇・御嶽海(24)=出羽海=との対戦が決まった。

 新大関の高安(27)=田子ノ浦=は東関脇・玉鷲(32)=片男波=とぶつかる。