鹿島のGK曽ケ端が38回目の誕生日を迎えた。98年に下部組織からトップチームに昇格後、20年目。今季もゴールを守り続けている。

 「いくら自分が選手を続けたいと思っていても、続けられる世界ではないのは分かっている。(今までと)変わらず(誠実に)やり続けたい」と、先発が見込まれるリーグ・仙台戦(5日・カシマ)を見据えた。