◆ロッテ2―3日本ハム(3日・ZOZOマリン)

 日本ハム・大谷翔平投手(23)が3日、3戦連続「4番DH」でスタメン出場したロッテ戦(ZOZO)で、左太もも肉離れから復帰後初めて「全力疾走」を披露した。

 初回、4回と唐川の初球を打っていずれも中前安打。7試合連続安打と、今季6度目のマルチを決めた。

 そして6回1死の第3打席、遊撃へのゴロで全力疾走を敢行。基本的には左足でベースを踏むように指導を受けているが、最後は合わせきれず痛めた右足でベースを踏むも、微妙な判定でアウトのコール。栗山監督も抗議に出たが判定が覆ることはなかった。

 大谷は「(一塁塁審の)白井さんがアウトと言えばアウトなんで。セーフになれる感覚はあったんで(走りました)。(患部は)だいぶよくなってきていると思います」と振り返った。

 栗山監督は「ベンチからセーフに見えた。(大谷は)やっと体の状態がよくなってきた。右足で踏んだ? それを言ったらまた変になるから」と説明した。