ブラジル代表FWネイマールがスペイン1部バルセロナからフランス1部パリSGに入団する見通しであることに、スペインリーグが史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億8200万円)の移籍金の受け取りを拒否したことが3日、分かった。欧州の複数メディアが報じた。

 スペインリーグ側はパリSGが巨額の移籍金を支払い、選手を獲得することが欧州サッカー連盟(UEFA)の財務規則「ファイナンシャル・フェアプレー」に反すると指摘している。テバス会長はスペインのスポーツ紙に「パリSGのようなクラブからの金など受け付けない」と話した。