先月の世界水泳(ハンガリー・ブダペスト)競泳男子200メートルバタフライと400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した瀬戸大也(23)=ANA=が4日、東京・銀座で浴衣姿を披露した。

 2020年東京五輪のエンブレムがあしらわれたもので、「初めてちゃんと浴衣を着た。市松模様でいいですね」と気に入ったよう。1日に帰国したばかりだが、ユニバーシアード(19〜30日・台湾)出場のため、この日午後から練習を再開する予定。「夏は忙しくて、花火大会やお祭りに行ったことがない。これを着て、9月にでも行ければ」と話していた。