楽天のオコエ瑠偉外野手(20)が4日、今季初めて1軍に合流することになった。福田将儀外野手(25)と入れ替えで出場選手登録される見込みだ。

 昨季関東第一高からドラフト1位で入団したオコエ。高卒新人野手では球団初の開幕1軍で迎えたものの、51試合で打率1割8分5厘、1本塁打、6打点の成績に終わった。定位置獲得を狙った今季は春季キャンプで右手薬指の痛みを訴えて、手術を受け早々に離脱していた。

 イースタンには6月中旬に復帰。ここまで25試合に出場し1本塁打11打点、10盗塁、打率3割1分7厘と好調を維持していた。2日の日本ハム戦(鎌ケ谷)では斎藤佑樹投手(29)から本塁打を放った。

 開幕から首位を突っ走ってきた楽天は球宴後に故障者が続出して失速。1〜3日には西武に3タテを喫し、首位・ソフトバンクとも今季最大2・5ゲーム差と開いていた。外野手はペゲーロ、岡島とレギュラー2人が離脱中とあって、2年目のオコエには再浮上の起爆剤としての期待がかかりそうだ。

 ◆オコエ 瑠偉(おこえ・るい)1997年7月21日、東京・東村山市生まれ。20歳。小学1年で野球を始め、6年のときにジャイアンツジュニアに入り、捕手から外野手に転向。東村山シニアで外野手。関東第一で3年夏の甲子園で同校初の4強。U―18W杯高校日本代表で準Vに貢献。15年ドラフト1位で楽天に入団。185センチ、90キロ。右投右打。家族は両親と妹。年俸1200万円。