函館スプリントSをコースレコードで圧勝したジューヌエコール(牝3歳、栗東・安田隆行厩舎)が次走に予定していたキーンランドC(8月27日、札幌)を回避することが4日、分かった。

 同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブの公式HPによれば、左前脚の蹄(ひづめ)に痛みがあるため、大事を取るとのこと。前走後は北海道苫小牧市のノーザンファーム空港で放牧に出ているが、今後はローテーションを白紙に戻し、回復に専念することになった。