J1ベガルタ仙台は4日、2年目MF椎橋慧也(20)が、プロC契約からA契約に変更になったと発表した。

 7月30日のホーム・柏戦で、プロA契約変更に必要な規定出場時間(450分)の公式戦出場を満たしていた。

 椎橋は今季、4月26日のルヴァン杯・清水戦でデビューし、いきなり決勝ヘッドを決める活躍を見せた。

 その後もルヴァン杯3試合、天皇杯1試合でピッチに立ち、7月30日の柏戦では3バックの左で、リーグ戦初出場初先発を果たしていた。

 椎橋はクラブを通じ「まずは日頃より僕を支えていただいている方々に感謝したいと思います。いつもありがとうございます。しかし、これで満足することなく、今まで以上に真摯(しんし)にサッカーと向き合い、支えてくださる方々への感謝を忘れずにこれからもプレーしたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします」とコメントした。