5日のロッテ戦(コボパーク)に先発する楽天の美馬学投手(30)。ここまで8勝を挙げ、ローテを支えてきたが、7月は1勝2敗、防御率7・36と不本意な内容に終わった。巻き返しを誓い、8月初登板に臨む右腕に聞いた。

 ―7月は思ったような結果が出なかった?

 「続けて悪かったし、チーム状況もこういう感じになっている。しっかり投げられるようにしたい」

 ―不調の要因は、自分ではどのあたりにあったと考えている?

 「調子自体をうまく合わせることができなかった。試合の中で、使える球種が1つ2つ減ったりというのもありました」

 ―球宴期間があったことで、調整にずれが出た部分はあった?

 「いや、そこは(球宴も含め)ずっと中6日で投げさせてもらっている。ただ、オールスターで違う投げ方をした部分があったので、フォームを修正してきた。試合で出せるようにしたい」

 ―松井裕の離脱以降、先発投手に「長いイニングを投げないといけない」という重圧がかかっているように見えるが?

 「一番後ろがいなくなったので、長いイニングを投げないと…というのはありますね」

 ―精神面の影響が大きい?

 「元々、(長い回を投げることは)そんなに考えずにできていたこと。(代役守護神の)福山も抑えているし、意識しないでいつも通りに投げたい」