◆巨人5―6中日(4日・東京ドーム)

 巨人が延長戦の末、中日に敗れて連敗を喫した。10回、カミネロが無死一、三塁から福田の併殺打の間に勝ち越された。陽岱鋼が2試合連続の初回先頭弾、長野が8年連続2ケタ本塁打、そして9回には代打・橋本到が同点弾と球団史上初の5戦連続3本塁打以上となる4アーチも、勝利には届かなかった。

 何度も流れをつかみながら、勝ち切れなかった。序盤は主導権を握り、リードされても2度追いつく粘りを見せたが、最後は10回に振り切られた。「いつもこちらの思うようにいかないことは分かっているけど…」と、由伸監督は悔しさを押し殺すように振り返った。

 球団新の5試合連続3本塁打以上となる4発を放ちながら連敗。同点後の8回にはマシソンが福田にソロを浴び、再度追いついた直後の10回にはカミネロが勝ち越しを許した。守護神は無死一塁の初球で二盗を許して失点を招き、捕手の相川は「けん制、クイック、ボールを長く持たせるとか、1球で走られるということはケアが足りなかった」と反省を口にした。

 勝ちパターンの2投手がそろって失点する誤算に、村田ヘッドコーチは「やれることを(バッテリーが)やっていたら、ああならなかった」と指摘した。3日のヤクルト戦(神宮)に続き、下位チーム相手に痛い2試合連続逆転負け。一発攻勢に加えて5試合連続2ケタ安打と活発な攻撃を白星に結びつけられず、3位のDeNAとは再び5ゲーム差となった。(宮脇 央介)