◆巨人―中日(5日・東京ドーム)

 東海大相模(神奈川)の先輩・後輩対決となった巨人・菅野智之(27)と中日・小笠原慎之介(19)。ともに三者凡退で初回を切り抜けたが2回、菅野が先に失点した。

 1死からビシエドが中前打。2死となったが7番・藤井が左中間二塁打を放つ。この打球を陽岱鋼から坂本勇、捕手・小林へと好返球で走者・ビシエドは本塁アウトのタイミング。判定もアウトだったがリプレイ検証の結果はセーフとなった。ビシエドの手が小林のミットの下に入って本塁ベースをタッチしていた。中日が菅野から1点を先取した。

 対する8学年後輩の左腕・小笠原は2回2死から長野に右翼席に11号ソロを浴びた。この試合初めて許した安打が同点弾となり、マウンド上で悔しそうに唇を噛んだ。

 3回の小笠原は1死から陽岱鋼に四球、マギーに左前打を許す。1死一、二塁から3番・坂本勇に左翼線に勝ち越し二塁打、阿部には右翼席に13号3ランを浴びこの回一挙4点を失った。

 阿部はこの3ランで通算2000安打にあと6本となった。