◆日本ハム―オリックス(5日・札幌ドーム)

 日本ハムの松本剛内野手(23)が2打席連続適時打を放った。3点ビハインドの3回2死三塁から左前打を放つと、2点を追う5回には2死二塁から右前打で1点差とした。続くレアードには逆転2ランが生まれ、試合をひっくり返した。

 松本は「自分のカウントに持ち込んで、うまく打てましたね。1本目(の適時打も)もいい感じだったので、良かったです。レアードも続いてくれたので、うれしいです。後ろにいい打者が控えているので、こういう形でつないでいけたら」と振り返った。