◆女子プロゴルフツアー 北海道明治カップ第2日(5日、北海道・札幌国際CC島松C、6476ヤード=パー72)

 予選ラウンドが終了した。6位で出て6バーディー、1ボギーの67をマークした韓国の姜秀衍(41)が、通算7アンダーで単独首位に浮上。ツアー通算4勝目に王手をかけた。台湾のテレサ・ルーが1打差の2位。ささきしょうこ、初優勝を目指す山田成美と森田遥が2打差の3位で追う。

 07年大会覇者の大山志保、12年賞金女王の全美貞(韓国)、工藤遥加が3打差の6位に並ぶ。イ・ナリ(韓国)、台湾のフェービー・ヤオ、笠りつ子が4打差の9位。プロデビュー戦で、地元・北海道の栗山町出身の田村亜矢が2アンダーの12位。同じくプロデビュー戦の吉本ひかるも、1アンダーの15位で初の予選突破を果たした。2週連続優勝を狙う成田美寿々も1アンダーの15位につけた。

 永久シード保持者の不動裕理、地元・札幌市出身の藤田光里、アマチュアの河本結は1オーバーの29位で予選通過。苫小牧市出身の菊地絵理香は2オーバーの35位、菊地明砂美は3オーバーの47位で姉妹そろって予選を突破した。

 札幌市出身でプロデビュー戦の小祝さくらは4オーバーの56位で予選落ち。前年覇者で2年連続賞金女王のイ・ボミ(韓国)、2週前のプロテストトップ合格の松田鈴英は5オーバーの68位で予選落ちとなった。