◆DeNA4―7広島(5日・横浜)

 広島の薮田和樹投手(24)が6回4失点で自身初の2ケタ勝利となる10勝目を挙げた。味方が1点を先制した直後の1回に5安打を浴び、この回3失点で逆転を許したが、2回以降は走者を背負いながらも粘りの投球。これが打線の逆転を呼んだ。

 薮田は「(2回以降は)もっと腕をしっかり振っていこうと思った。(2ケタ勝利は)ずっと目標にしていた。これからも、もっと勝ち星を重ねたい」と振り返った。