◆楽天8―5ロッテ(5日・コボパーク宮城)

 プロ野球8年ぶりとなる両軍先頭打者アーチが飛び出した。

 まだ明るい仙台の夏空に、花火を打ち上げた。初回、1点を失った直後。楽天・茂木が涌井から放った打球は、左翼席に吸い込まれた。今季5本目の初回先頭打者アーチは、プロ野球8年ぶり、パ・リーグでは27年ぶりの両チーム初回先頭打者本塁打となった。

 茂木は「最近、なかなかストレートを仕留められていなかったですけど、この打席はしっかり仕留めることができました。できすぎですね」と会心の表情だ。先頭打者アーチ返しに成功したが、初回表に珍記録をアシストしたのがロッテ5年目の加藤だ。

 美馬の初球を右翼スタンドへ3号プレーボールアーチ。後半戦は打率4割を超える絶好調男は「甘いボールをしっかり1球で仕留められましたけど、ホームランはたまたまです。僕は引っ張ったホームランですけど、茂木は逆方向へ押し込めてすごい」と驚きの表情。両軍5発の大花火大会を盛り上げた。(田島 正登)