夏の甲子園第2日目第3試合(13時開始)で前橋育英(群馬)との対戦が決まった山梨学院は5日、兵庫・三木市内で練習を行った。この日、同市の最高気温は34度。初戦を3日後に控えたナインは、グラウンドでの練習時間を2時間から約40分に短縮し、体力保持に努めた。

 エース左腕の吉松塁(3年)ら投手陣は、内野陣と一緒にバント処理などを確認。練習会場入り前には西宮市内のバッティングセンターで約1時間体を動かし、体を整えた。

 甲子園では7日に開会式が行われ、参加49校の戦いが幕を開ける。