◆巨人―中日(6日・東京ドーム)

 巨人は5日に続いて中日に先取点を許した。

 先発・大竹寛は3回、先頭の大島に左中間二塁打を許すと、ビシエドの死球などでの1死一、三塁に。さらに5番・福田に三塁線を破る二塁打を打たれ、1点を奪われた。

 続く藤井をこの回2つ目の死球で歩かせ、1死満塁とピンチが広がったが、その後は堂上、松井雅を抑え、なんとか1失点で切り抜けた。

 巨人はその裏、4月22日以来の先発となる中日・若松を攻め、先頭の陽岱鋼が三遊間を抜く安打で出塁。二盗の際に送球がワンバウンドとなりセンターへ抜ける間に三塁まで進んだ。坂本勇の四球で1死一、三塁として通算2000安打にあと6本としている4番・阿部が打席に。絶好の場面を迎えたが、阿部は投ゴロ併殺打に倒れ、チャンスを生かせなかった。