◆インディアンス1―2ヤンキース(5日・クリーブランド)

 ヤンキースは5日(日本時間6日)、敵地のインディアンス戦で2−1で競り勝ち、連敗を4でストップした。

 初回、グレゴリウスの適時二塁打で先制。同点の8回にヘッドリーの6号ソロで勝ち越した。投げては先発のモンゴメリーは5回3安打1失点で降板したが、ホワイトソックスから移籍した中継ぎのロバートソンが2回無失点で移籍後初勝利を挙げた。

 ア・リーグ東地区首位のレッドソックスは本拠のホワイトソックス戦で快勝。5連勝とした。両軍のゲーム差は「3」のままだ。