秀岳館・鍛治舎巧監督(66)の今夏限りでの退任発表は、他校のナインにも衝撃を与えた。大阪桐蔭の不動の1番打者・藤原恭大中堅手(2年)は、開会式リハーサル直後に同監督の退任を報道陣に知らされ「ホンマですか。知らなかったです」と驚きの表情を浮かべた。

 大阪・枚方ボーイズに在籍した中学1年時の1年間、鍛治舎監督から指導を受けた。当時は外野ノックで前後左右に振られ、少しでもミスをすればやり直しという厳しい練習だった。「全力疾走の大切さを教わって、中学時代に鍛えられた。あの頃が一番、しんどかった」と振り返った。

 今春センバツ準決勝では、秀岳館に2―1で勝利したものの、自身は「1番・中堅」で先発して5打数無安打2三振。「勝ち上がったら(対戦する)チャンスがあるし、当たってみたい気持ちもある。(鍛治舎監督に)すごいと思わせるプレーをしたい」と再戦を願った。