6日に行われた伊勢崎オート優勝戦で、藤本梨恵が逃げ切りゴールを決めて、佐藤摩弥、益春菜、岡谷美由紀に続いて女子4人目のVを飾った。「試走から滑りましたが、みんなも滑っていたのでペースを上げたかったです。後ろの栗原さんが気になっていましたが、優勝することができて本当にうれしいです。やったぜ!という気分です」と喜んだ。レースを見つめていた“絶対王者”高橋貢は、藤本が先頭でゴールを駆け抜けると「よかった、よかった。落ち着いていたね」と後輩の成長に目を細めていた。

 また、2Rは33期生の田崎萌が逃げ切って、デビュー初勝利をマークした。「すごくうれしいです。ちょっとだけ自信になりました。頂いた賞金でちょっといい感じの靴を買いたいです」と笑顔で語った。