新しい一口馬主システム「DMMバヌーシー」の募集開始から1日が経過した6日20時で、口座開設の申し込みが4154件となった。同事業を展開するDMM.com証券はFX取引の大手だが、「FXの申し込みは1日平均300件くらいで、最高でも1000件程度。バヌーシーはこれを大きく超え、証券開業以来、最高の数字です」と野本巧取締役は話す。

 野本氏にとって6日は特別な日だった。「DMM.com証券を設立するきっかけとなった親友(故竹内秀人氏)の4年目の命日なんです。ずっと僕の理解者だったので、DMMバヌーシーの報告をしてきました」と感慨深げ。新規口座開設の手続きに数日を要するため、1口の権利の購入が可能になるのはその後。今後は募集馬9頭の売れ行きに注目が集まる。