◆DeNA4―9広島(6日・横浜)

 広島打線が今季2度目の先発全員安打をマークし、DeNAに快勝した。4回に西川の先制打などで3点を先制。1点差に迫られた5回には鈴木の23号2ランと、バティスタの2戦連発となる9号ソロで6―2と突き放した。最後まで攻撃の手を緩めず、9回にはエルドレッドが24号ソロ。2カードぶりのカード勝ち越しで貯金を今季最多タイの28とした。

 緒方監督は「西川の先制打は大きかった。セイヤのホームランにしても、バティスタにしても打線がこれだけ打ってくれて、投手を助けているんだから」と振り返った。