◆世界陸上第3日(6日、英ロンドン)

 マラソン男子で、今大会限りで日本代表の第一線から退く川内優輝(30)=埼玉県庁=が、2時間12分19秒で日本人最高の9位に入った。通算71度目のフルマラソンで終盤に猛追し、入賞(8位)まで3秒差に迫った。ジョフリー・キルイ(ケニア)が2時間8分27秒で優勝。中本健太郎(34)=安川電機=が10位、井上大仁(24)=MHPS=は26位だった。

 力通りと言えば、力通りの結果だ。勝負どころで前にいないと、やはり何もできないという印象。集団の後ろにつけていてもよいが、3周目のペースアップについていく必要があった。英国選手(4位)とイタリア選手(5位)が入賞したようにペース自体は速くなく、日本勢も十分対応できたはずだと思う。

 今大会は気温がそれほど高くなく、どちらかといえば秋、冬に近い条件だった。それでも勝負できないということは、根本的な部分を変えないと3年後の東京五輪でメダルは無理だ。安易にメダルを狙うと口にする選手もいるが、そんなに簡単ではない。本当にそれくらいの覚悟があって臨んでいるかというと、選手も指導者もそうではない人が多いだろう。まず、メダルをイメージして目指せる選手をつくっていかないと話は始まらない。(05年ヘルシンキ世界陸上銅メダリスト)