◆ビービーガウディ(8月5日、新潟10R・信濃川特別・1000万・芝2000メートル=6着)

 最後方から上がり33秒9の末脚で追い上げてきたが、勝ったキセキの上がりは32秒9。1分56秒9の勝ちタイムも含め、この馬には時計が速すぎた。それでも、不向きな高速決着でじりじりと追い上げたのは、地力がある証拠だ。

 大野拓弥騎手は「ペースが速くて追走に苦労した。長く脚を使ってくれたが、もう少し距離があってもいいかもしれない」と話した。今年4月に東京の芝2300メートルの新緑賞で2勝目を挙げているように、長距離の適性は高い。血統的には祖母にダイナカールがおり、母系は優秀。父がカジノドライヴで初勝利をダートで挙げており、砂での可能性を秘める。芝の長丁場かダートなら、上位争いに持ち込めるだろう。(椎名 竜大)