DeNAは7日、フィル・クライン投手(28)が右肘の治療のため、米国に一時帰国したと発表した。

 フィリーズから加入した今季は、201センチの長身から投げおろす150キロ超の直球を武器に開幕ローテ入り。エース級の働きを期待され、4月に2勝を挙げたものの、制球難や守備のまずさなどから6月2日のソフトバンク戦(横浜)で6回6失点(自責4)でKOされて2度目の2軍落ち。その後は右肘痛を訴えて実戦登板がなかった。

 1軍では7登板で2勝3敗、防御率4・75で、イースタンでは3登板で0勝2敗、防御率4・50だった。再来日については未定。