J1ジュビロ磐田が7日、仙台戦(9日・ユアスタ)に向けて紅白戦などを行った。前節の広島戦では、累積警告で欠場したMFムサエフ(28)とMF川辺駿(21)のボランチコンビの2戦ぶり出場が有力。「また連勝を作りたい」とキーマン2人が口をそろえた。

 前節は、両MFが不在で今季ワーストの3失点。初の逆転負けを喫して連勝は6でストップした。広島からの期限付き移籍で、契約の上でも前節は出場できなかったMF川辺は「負けた後が重要」と、気合。仙台にはホーム開幕戦で敗れているだけにMFムサエフも「次は勝って帰ってくる」とリベンジを誓った。

 名波浩監督(44)は仙台戦に向けて「後ろがポイント」と、守備の修正を図る。「3バックがズタズタにやられたけど、ブレずにやっていきたい」と話す一方、この日は4バックも試した。攻守のつなぎ役でもある2人の復帰は、守備面でも大きい。上位に食らいつくためにも、連敗は避けなければならない。