左肩違和感で2軍調整中のDeNAのドラフト1位・浜口遥大投手(22)が、11日からの阪神3連戦(横浜)で先発復帰することが7日、有力となった。13日の3戦目に先発する見込み。

 浜口は開幕ローテ入りして6勝をマーク。監督推薦での球宴出場も決まっていたが、7月12日の広島戦(マツダ)で左肩に違和感を訴えて3回で緊急降板。蓄積疲労や体のバランスの崩れによる「左肩機能不全」と診断され、球宴の出場も辞退した。だが、幸い症状は軽く、3度目の調整登板となった5日の社会人・JX―ENEOSとの練習試合(ベイスターズ)では、6回で99球を投げ、2安打5奪三振1失点と好投。ラミレス監督も「球速も147キロが出てたし、すごくよかった」と話していた。