◆ロンドン世界陸上 第4日(7日、英国・ロンドン競技場)

 男子200メートル予選で、“大珍事”があった。16年リオ五輪400メートルリレー銀メダルの飯塚翔太(26)=ミズノ=は、20秒58の7組4着。各組上位3人を除くタイム順3人からも漏れ、敗退した…はずだった。取材エリアに引き上げ「感覚が良いのに結果が出ていない。悔しいですね」と首をひねりながら振り返っている最中、設置されていたTV画面を見て目が点になった。

 飯塚の名前の横に「Q(Qualified)」の文字。7組の1着と3着がレーンをはみ出していたとして失格となり、飯塚に準決勝進出が転がり込んできたのだ。「がっ、入った…。いやっ、もうそうですね。複雑だけど、課題に頑張って挑戦します。こんなのは初めて。運があるのかなと思う」と驚きを隠せなかった。

 予選1組では、今大会100メートルで準決勝まで進んだサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=も20秒52の2着で順当に通過。9日の準決勝では、03年パリ大会銅の末続慎吾(37)以来となるファイナリスト入りを目指す。