米プロゴルフツアーの今季メジャー最終戦、全米プロ選手権は10日から4日間、当地のクウェイルホローC(7600ヤード、パー71)で開催。

 前週の世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待を2位に5打差をつけて圧勝し、米ツアー通算5勝目を挙げた松山英樹(25)=LEXUS=は7日午後からコース入り。雨上がりのじめじめとした陽気の中でも、精力的に9ホールをラウンドし、入念にコースの感触を確かめた。

 練習中には、全米オープン覇者のケプカ(米国)からVを祝福され、談笑する場面もあった。