柏は8日、MF手塚康平(21)が右膝前十字靭帯損傷、右膝外側半月板損傷で全治8か月の見込みとなったことを発表した。今季中の復帰は絶望的。8月5日に行われた第20節神戸戦の後半22分にスライディングを試みた際に相手選手と接触。右膝を押さえたまま立ち上がれず、担架で運ばれ途中退場していた。

 手塚は今季途中からボランチのレギュラーに定着。第5節から16試合連続で先発出場中だった。