10月15日にマリンメッセ福岡で開催される、総合格闘技イベント「RIZIN バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1ST ROUND―秋の陣―」の記者会見が8日、東京都内で行われ、賞金総額1000万円で世界最大規模の女子トーナメントに出場する“ツヨカワクイーン”RENA(26)=シーザージム=が、1回戦でKOTCアトム級王者のアンディ・ウィン(35)=米国=と対戦することが発表された。

 プロデビュー10周年を迎えたRENAは「MMAファイターとしてはまだまだな選手なんですけど、トーナメントに出場して強い選手と戦えることを嬉しく思っています。私はまだまだ、ウィン選手より上を見ていて、もっと強い選手と戦いたいっていうのもあるので、この試合はKO一本できっちりしとめてその先に進みたいなと思ってます」と意気込んだ。

 対戦相手は立ち技が強く経験が豊富な印象があるが「打撃では絶対負ける気は全くしない。寝技は関しても正直、私もレベルアップしているので負ける要素がないかな。ただ寝技は経験が全てだと思うので、決められないように、攻められないように意識しながらですけど負ける気はしない」と分析した。

 また、“RENAにリベンジ”、“打倒RENA”など女子選手から名前を挙げられることについては「名前を呼んで、対戦をアピールしてもらうことが凄くあって、とてもありがたいんですけど、私の名前を出せばいいと思ってんじゃないよって正直思っている」と牙をむいた。

 対戦相手のウィンは、打撃を得意とするも2016年大みそか大会で山本美憂(42)=KRAZY BEE=から1回腕ひしぎ十字固めで勝利を収めている。